ドイツ(Germany)

ドイツ【ベルリン】のおすすめ観光スポット6選と観光名所の歴史!

ベルリンのブランデンブルク門

 

 

ドイツ(Germany)のベルリン(Berlin)へ観光に行ってきました。

 

そこで、ベルリン観光におすすめの観光スポットを歴史とともにシェアしたいと思います。

 

  • ベルリンのおすすめの観光スポットを知りたい
  • ベルリンの観光名所の歴史を知りたい

 

といった方に見ていただきたい内容となっています。

 

 

 

ベルリン(Berlin)

 

ドイツ(Germany)の北東部に位置しており、ベルリン・ブランデンブルク大都市圏地域に属しています。

 

ベルリンは、ドイツの首都でドイツ最大の都市です。

 

ベルリンへの移動は下記を参照してください

ベルリンフィルハーモニーの外観
【ベルリン・フィルハーモニー】でクラシック音楽鑑賞、珍道記!ドイツのベルリンにある「ベルリン・フィルハーモニー」でクラシック音楽を鑑賞しました。ベルリンフィルハーモニーについてシェアします。ドレスデンからベルリンへのアクセス(行き方)、ベルリンフィルハーモニーでのチケットの購入方法、ベルリンフィルハーモニー公演会場での服装、コンサートホールへ何時間前に到着すると良いか、ベルリンフィルハーモニーでの珍道記を知りたい方向けです。...

 

 

 

ドイツ【ベルリン】のおすすめ観光スポット6選と観光名所の歴史!

 

ベルリンでおすすめの観光スポットは下記です。

 

  • ブランデンブルク門(Brandenburger tor)
  • 国会議事堂(Reichstagsgebäude)
  • ベルリン大聖堂(Berliner Dom)
  • ボーデ博物館(bode museum)
  • 旧博物館(altes museum)
  • ソニーセンター(Sony Center)

 

上記について順番に紹介します。

 

 

ブランデンブルク門(Brandenburger tor)

 

ベルリンのブランデンブルク門直近

 

 

ブランデンブルク門は、ミッテ区にありパリ広場に面しているベルリンのシンボルとされている門です。

 

砂岩でできた古典主義様式で、アテネのアクロポリス神殿建築を模して作られました。

 

12の柱から構成されており、上部には4頭の馬車と勝利の女神ヴィクトリア像があります。

 

 

ブランデンブルク門は、1788年から1791年にかけてプロイセン王国時代に建造されました。

 

1806年、プロイセンがナポレオンとの戦いに敗れた際に、ナポレオンはその戦利品として、ヴィクトリア像をフランスに持ち帰るという出来事があったそうです。

 

しかし、1814年にナポレオン戦争でプロイセンが勝利して像を奪い返し、再びブランデンブルク門の上に置かれました。

 

 

ブランデンブルク門は旧東西ベルリンの境界に位置しており、ベルリンの壁(西ベルリンの周囲を取り囲むように東ドイツが建てた壁)のすぐ近く東側に位置していました。

 

そのため東西ベルリンの分断により封鎖されていましたが、1989年にベルリンの壁が崩壊し、通り抜けられるようになったということです。

 

東西ドイツの統一により、門の役割を果たせるようになったという歴史があります。

 

 

よって、ブランデンブルク門は今ではベルリンの歴史の象徴となっています。

 

 

ブランデンブルク門はとても大きく存在感があります。

 

数々のドイツの歴史を経てきたのかと思うと感慨深いですね。

 

 

ライトアップされた姿がとてもきれいな、夜に訪れることをおすすめします!

 

 

住所:Pariser Platz,10117 Berlin,ドイツ

ホームページ:berlin.de

 

 

国会議事堂(Reichstagsgebäude)

 

ベルリンの国会議事堂

 

 

ミッテ区にあり、ブランデンブルク門から徒歩約8分のところに位置しています。

 

ドイツ連邦議会が置かれた国会議事堂です。

 

屋上にはドームがあり、ドーム内は無料で見学できます。

 

 

ホームページで事前予約が可能ですが、1〜2日前に予約をしようと思ったら取れませんでした。

 

当日に見学受付も可能ですが、人気のため長蛇の列です。

 

予定が決まっている方は、早めの予約をおすすめします。

 

ライトアップされたベルリンの国会議事堂

 

 

国会議事堂の屋上からはベルリン市街が一望でき、ガラス張りのため議場が覗けるようになっています。

 

こちらも夜のライトアップがきれいです。

 

 

住所:Platz der Republik1,11011 Berlin,ドイツ

電話番号:+49 30 22732152

ホームページ:bundestag.de

 

 

ベルリン大聖堂(Berliner Dom)

 

ライトアップされたベルリン大聖堂

 

 

ミッテ区に位置しますが、ブランデンブルク門や国会議事堂からはやや離れています。

 

私はブランデンブルク門から歩いて行きました。徒歩20分ちょっとでした。

 

 

ベルリン大聖堂はネオバロック様式の建物で、ドイツ福音主義教会(ルター派)に属しています。

 

プロイセン王家の記念教会で、地下にはプロイセン王や王族の棺が安置されています。

 

 

ターコイズブルー色ドームの巨大な聖堂で、堂々と立ち雰囲気があります。

 

内部は美しい装飾やステンドグラスがあります。

 

 

右手奥に見えるのは、ベルリンテレビ塔です。

 

 

住所:Am Lustgarten,10178 Berlin,ドイツ

電話番号:+49 30 20269152

ホームページ:berlinerdom.de

 

 

ボーデ博物館(bode museum)

 

ベルリンのボーデ博物館

 

 

5つの博物館や美術館からなる世界遺産、「ムゼウムスインゼル(博物館島)」の一つです。

 

多岐にわたる彫刻やビザンティン美術(東ローマ帝国の内部制作されたり、その勢力圏で強い影響を受けた、東方的な要素を多く含んでいる美術作品)が主に展示されています。

 

 

営業時間:10:00〜18:00(火・水・金土日曜日)、10:00〜20:00(木曜日)、月曜定休日

住所:Am Kupfergraben,10117 Berlin,ドイツ

電話番号:+49 30 266424242

 

 

旧博物館(altes museum)

 

ベルリンの旧博物館

 

 

こちらの博物館も世界遺産、「ムゼウムスインゼル(博物館島)」中の一つであり、一番古い建物です。

 

アンティークコレクションで有名です。

 

 

営業時間:10:00〜18:00(火・水・金土日曜日)、10:00〜20:00(木曜日)、月曜定休日

住所:Bodestraße 1-3, 10178 Berlin,ドイツ

電話番号:+49 30 266424242

 

 

ソニーセンター(Sony Center)

 

ベルリンのソニーセンターの青カラー

 

 

ミッテ区のポツダム広場に位置し、住宅を含む複合商業施設で映画館やレストランなどが入っています。

 

ソニーセンターは、ニュルンベルク生まれドイツ系アメリカ人の建築家、ヘルムート・ヤーンによる設計です。

 

 

鮮やかな色が目を惹きますね。色の変化を楽しめます。

 

ベルリンのソニーセンターのピンクカラー

 

 

 

まとめ

 

ベルリンはどの観光地も見応えがり、美しい建築物ばかりでした。

 

ドイツ旅行でどの都市に行くか迷ったら、ベルリンへ訪れることをおおすすめします。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

あなたにおすすめの記事
ベルリンフィルハーモニーの外観
【ベルリン・フィルハーモニー】でクラシック音楽鑑賞、珍道記!ドイツのベルリンにある「ベルリン・フィルハーモニー」でクラシック音楽を鑑賞しました。ベルリンフィルハーモニーについてシェアします。ドレスデンからベルリンへのアクセス(行き方)、ベルリンフィルハーモニーでのチケットの購入方法、ベルリンフィルハーモニー公演会場での服装、コンサートホールへ何時間前に到着すると良いか、ベルリンフィルハーモニーでの珍道記を知りたい方向けです。...
ポツダムのツェツィーリエンホーフ宮殿と星マーク
ベルリンから【ポツダム】へ電車で【日帰り】観光!ドイツのベルリンからポツダムへ電車で日帰り観光してきました。ベルリンからポツダムへの電車での移動や日帰りで観光できた観光地についてシェアします。ベルリンからポツダムへ電車でのアクセス(行き方)、ポツダムの日帰りで観光できる観光地について知りたい方向けです。...

 

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>