アジア(Asia)

京都御苑と御所へのアクセス/おすすめの観光時間と過ごし方/歴史。

京都御所の清涼殿

 

 

京都旅行で欠かせない観光スポットとなっているのが、京都御苑/京都御所ですね。

 

今回、京都滞在中に京都御苑/京都御所を何度か訪れ観光しました。

 

そこで、京都御苑/御所へのアクセスやおすすめの観光時間帯、過ごし方、歴史についてサクッとまとめたのでシェアしたいと思います。

 

  • 京都御苑/御所へのアクセス方法を知りたい
  • 京都御苑/御所のおすすめの訪問時間帯や過ごし方を知りたい
  • 京都御苑と京都御所の歴史をサクッと知りたい

 

といった方に見ていただきたい内容となっています。

 

 

 

京都御苑と御所へのアクセス/おすすめの観光時間と過ごし方/歴史。

 

 

  • 京都御所へのアクセス(行き方)
  • 京都御苑/御所のおすすめの観光時間と過ごし方
  • 京都御苑/御所の敷地内散歩のポイントと感想
  • 京都御所(Kyoto Imperial Palace)の歴史と基本情報
  • 清涼殿(Seiryoden)の歴史と基本情報

 

についてまとめています。

 

 

 

京都御所へのアクセス(行き方)

 

市営地下鉄

 

京都駅から烏丸線で今出川駅まで約10分、京都御所まで徒歩約5分です。

料金は260円です。

 

 

バス

 

  • 京都駅前から市営バス9または50番線で堀川中立売バス停まで約25分、京都御所まで徒歩10分です。

 

  • 京都駅前からバス51系統で烏丸今出川バス停まで約16分、京都御所まで徒歩約5分です。

 

料金は230円です。

 

3回以上/日バスに乗る場合は、バス1日乗車券がお得です。

大人600円、小児300円

バス内で購入できます。

 

その他、

地下鉄・バス1日乗車券:大人900円、小児450円

地下鉄・バス2日乗車券:大人1700円、小児850円

もあります。

 

1日でたくさん観光地を周る予定の方にはおすすめです。

 

詳しくは公式HPをご確認ください。

 

個人的にはバスの乗り間違えをすることもあったので、バス1日乗車券の利用が安心でした。

 

 

 

京都御苑/御所のおすすめの観光時間と過ごし方

 

敷地面積約11万㎡ある京都御苑には、たくさんの木々があり緑で溢れています。

 

敷地内は24時間出入り可能で、敷地が本当に広いため混雑はみられません。

 

お昼前と昼後〜夕方までの時間帯はランニングしたり散歩している方が多かったです。

 

そのため、オススメの訪問時間は朝一です!

 

本当に静かな、木々の香りや枝葉の揺れる音を感じながらリラックスした時間を過ごせます。

 

 

おすすめの過ごし方は、ただ散歩するだけでも気持ちが良いのですが、森林浴をしながら読書をすることです!

 

時間制限なく無料入場でき立地の良い京都御苑は、森林浴に最適の場所です。

 

所々にベンチがあり、木陰にもたくさんベンチがあるので日陰で過ごせます。

 

 

朝一に行ってベンチに座り、読書をしたり緑を眺めてゆっくり過ごす時間が心地よかったですよ。

 

その後観光に周ると、とても清々しい気持ちで1日が充実した気分になります。

 

 

 

京都御苑/御所の敷地内散歩のポイントと感想

 

敷地内はとても広く、砂利道が多いです!

 

足腰の弱い方は、御苑内を全て歩き回るには距離があり結構大変です。

 

せっかくの旅行で足を捻ったり、過剰な足の疲労はその後の観光にも影響します。

 

無理して全園内を周ろうとしない方が懸命です。

 

また、砂利道のヒール靴での歩行もキツイです。

 

履き慣れた歩きやすい靴(スニーカー)が一番です。

 

 

自転車は便利ですが砂利に車輪を持っていかれるため、やや体力が必要とされます。

 

一度自転車で走り抜けましたが、とても大変でした。

 

一部自転車用の通り跡があるのですが、短距離で消失し砂利に埋まりながらの走行でした。

 

敷地内に駐輪場もあるので、砂利道以外の場所だけ自転車を利用されるのが賢明かと思います。

 

 

 

京都御所(Kyoto Imperial Palace)の歴史と基本情報

 

桓武天皇が奈良の平城京から京都の長岡京を経て、794年に平安京に都が移されました。

 

1331年光厳天皇がここで即位をされて以降、1869年明治天皇が東京に移られるまで500年以上の間天皇のお住まいとして使用されていたそうです。

 

その間何度も火災に遭い、再建が繰り返されてきました。

 

現在のこの広い敷地は、元々半分以下でしたが豊臣秀吉や徳川幕府により徐々に拡張されました。

 

天皇のご生活の他、幕末期の王政復古の大号令や五箇条の御誓文の発布、天皇の即位式など数々の歴史的な催しがされてきた場所です。

 

 

観光時には、入り口で荷物検査をしてネックストラップの付いたカードをもらい身に付けて観光します。

 

 

 

清涼殿(Seiryoden)の歴史と基本情報

 

京都御所の清涼殿

 

 

平安時代(10世紀)中期以降、天皇の日常のお住まいとして利用されていた御殿で、重要な儀式も行われていました。

 

1590年に御常御殿に住居が移ってからは、主に儀式で使用されました。

 

現在ある建物は、1855年に平安時代中期の建築様式で造営されたものだそうです。

 

 

京都御所の清涼殿にある昼御座

 

 

中央の畳を敷いた場所は昼御座(ひのおまし)という、天皇の御座でした(上記写真)。

 

 

住所:京都府京都市上京区京都御苑3

電話番号:075-211-1211

ホームページ:kunaicho.go.jp

 

 

 

まとめ

 

京都を訪れた際には、朝一の京都御苑御所で散歩や森林浴を楽しんできて下さい。

 

歩き慣れたスニーカーを履いていくことをおすすめします。

 

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

喫茶静香のフルーツサンド
【京都】で美味しかったお店!【朝食/ランチ/カフェ/抹茶 】厳選7店。京都で美味しかい朝食やランチ、カフェ、抹茶のデザートを食べるのにおすすめのお店や口コミ(レビュー)が知りたい、観光地とセットで周れる美味しい京都のお店を知りたい方向けです。仁和寺、平等院鳳凰堂、二条城、京都御所・御苑などの観光時に立ち寄るおすすめのお店です。...

 

 

合わせて周りたい

京都御所から徒歩約30分、バス+徒歩で約20分の二条城について

二条城の二の丸御殿
【元離宮二条城】へのアクセス!観光前にサクッと知る歴史と園内。京都にある世界遺産の一つ、元離宮二条城の観光に行ってきました。そこで、元離宮二条城へのアクセス(行き方)や二条城の歴史や園内についてシェアします。元離宮二条城へのバスや地下鉄でのアクセス、乗車券、元離宮二条城の歴史や園内をサクッと知りたい方向けです。...

 

ホテル予約時に便利なのはBooking.com